スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフクラブ選び シャフト

2007-12-31 | 06:15

●カ-ボンシャフトの価格は、弾性率が高い材料 (シ-ト)の使用量によって決まります。ゴルフシャフトに使うシ-トは、およそ24t・30t・40t・60tです。弾性率は応力÷ひずみで求められます。トン数が高いほど繊維は細かく、加工が難しいため高価になります。24tをベ-スに、設計図にそって異なるトン数のシ-トを組み合わせます。つまり、安価なシャフトの弾性率は低くということです。


スル-ボアヘッドに使用されているシャフトは、Tipパラレル部分が長いメ-カ特注シャフトです。一般に売られているシャフトは、Tipパラレル6~8cmで造られています。ス-ルボアヘッドにリシャフトする際は、シャフト機能を活かすため、先端の挿し込み部分を4cmまでに抑えましょう。

 

ユ-ティリティ-の苦手な方は、超先調子シャフトを使うと、球が楽にあがるようになります。


ユ-ティリティ-のシャフトチップ口径は8.510mmです。(メ-カにより若干異なります)チップの太いものは先端が硬く、ヘッドスピ-ド47以上ないと球が上がりません。ヘッドスピ-ドの遅い方は、細めのチップを選びましょう。


カ-ボンシャフトからスチ-ルシャフトに、リシャフトされる場合、日本シャフトのNSプロ750Gをお薦めします。カ-ボンと遜色ない重量でありながら、スチ-ル特有のネジレのないネバリ感と、カ-ボンの飛距離。軽いシャフトをしっかり打ちたいというゴルファ-には最適なシャフトです。


アイアンシャフトとウッドシャフトのマッチングウエイトの参考例

1) アイアン(カ-ボン):5060ウッド:4555

2) アイアン(スチ-ル):7585ウッド:5560

3) アイアン(スチ-ル):90100ウッド:6065

4) アイアン(スチ-ル):105120ウッド:6575

同リズムでスイングのできるウェイトバランスに調整することが大切です。

 

シャフトを選ぶ時、まず気持ちよく振れる重量を・・。フレックスはやや軟らかめを・・・温度が下がるとシャフトは硬くなります。


アイアンをリシャフトされる時、Sフレックスでは硬く、Rフレックスは少し軟らかいと感じた場合、シャフトの番手をずらすとよいでしょう。(例えば3番を4番に使用)球もあがりやすくなります。

 SR表示に要注意! SRとはSを研磨したものです低コストで均等に研磨することは不可能です!


スチ-ルシャフトは肘に負担が掛かりやすいため、違和感を感じたら躊躇せず早急にカ-ボンにリシャフ(シャフト交換)してください。当然のことですが、流行のシャフトが自分に合うとは限りません。

 

先日、ネットの教えてコ-ナ-で、こんなQ&Aを見つけてしまいました。

:ゴルフクラブのシャフトの硬度に「A」というのもありますが、「A」はどのくらいの硬さですか?

:Rシャフトはレギュラ-。標準的硬さのシャフトで一般向きです。Aシャフトはアベレ-ジの略で平均的なシャフト。やや軟らかめで少し力の弱い人向きです。

 

まさにマニュアル通りの答えです。シャフトの設計図、すべてを知っている訳ではありませんが、特殊なケ-スを除きシャフトを生産することはありません。Aシャフトとは、軟らかいRシャフト若しくは、硬いLシャフトです。これは需給とコストパフォ-マンスに拠ります。CPMはしっかり確認してください。

 

 

スポンサーサイト

Theme : ゴルフ
Genre : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。